ホーム >  新着情報

白扇酒造のイベント、キャンペーン情報、ホームページ更新を随時お知らせしています。
テレビ、雑誌などのメディア掲載のご報告はこちらをご覧ください。

2019/12/13 カブとエビの煮物〜今年も残すところあとわずか〜本みりんレシピ
カブとエビの煮物〜今年も残すところあとわずか〜本みりんレシピ
クリスマスの楽しそうな飾りとともに、年末特有のあわただしい雰囲気が漂う季節になりました。
ニ十四節気の大雪(たいせつ)も過ぎ、空気も本格的な冬に。
冷たい風に身を縮め、家路を急いだあとは温かい料理が何よりうれしいもの。

ちょうど旬を迎えたカブは煮込むとトロリとした食感になり、薄味のだしによく合います。
エビと組み合わせると赤と白の色合いがお正月にもぴったり。
鶏もも肉に変えて作ってもおいしくいただけます。

この料理に合うお酒は「新酒一号」。
香り豊かで繊細なお酒なので、だしの沁みたあっさりとした素材ものと相性が良いです。

カブとエビの煮物の作り方はこちら
 
2019/12/06 雑誌「BRUTUS」で白扇酒造の古々美醂が紹介されました!
雑誌「BRUTUS」で白扇酒造の古々美醂が紹介されました!
2019年12月発売の「BRUTUS」で白扇酒造の「長期熟成古々美醂」が紹介されました。
「厳選素材、伝統製法で作られた日本のクラフト調味料をテイスティング!」の「みりん・砂糖」部門に選ばれました。
 
2019/12/06 情報誌「Cheek」で白扇酒造の本みりんが紹介されました!
情報誌「Cheek」で白扇酒造の本みりんが紹介されました!
2020年1号の「Cheek」に白扇酒造が紹介されました。
「鈴木あすなの丁寧なくらし」の企画で来店いただき、「伝統製法熟成本みりん」と「長期熟成古々美醂」の試飲体験や工場のことなどを紹介していただきました。
 
2019/11/22 卵黄のみそ漬け〜紅葉もピークを過ぎ、そろそろ冬の便りも〜本みりんレシピ
卵黄のみそ漬け〜紅葉もピークを過ぎ、そろそろ冬の便りも〜本みりんレシピ
初冬の少し冷え込む日には、おうちにこもって自家製食品を作ってみるのも楽しいものです。
数年前より発酵食がブームになっていますが麹を使った甘酒や塩こうじ、醤油こうじ、みそ等の伝統食もおうちで作れますよ。

ただ中にはじっくり時間の取れない方も。
そういう方には『卵黄のみそ漬け』がおすすめです。
みそとみりん、酒を混ぜて、卵黄を漬けこみます。
みその風味が移り、程よく脱水された卵黄は濃厚。
白いご飯に添えたり、納豆に添えたり、生卵とは違った食感が楽しめます。

卵黄のみそ漬けの作り方はこちら
 
2019/11/14 今年も「酒蔵まつりin川辺町」を開催します!
今年も「酒蔵まつりin川辺町」を開催します!
11月23日(土)・24日(日)は、ぜひ白扇酒造で楽しんでください。

大人気の蔵出しや餅つき、試食・試飲ブースなど、お酒が好きな方から飲めない方まで楽しめるイベントが盛り沢山。
入場は無料です。

〜 秋限定スペシャルエディション!蔵出し純米生酒 〜
祭りのメインは、蔵元限定の「蔵出し純米生酒」です。
蔵出し限定ラベルで販売します。
この秋よりお酒の銘柄を花美蔵から黒松白扇へ随時移行します。
リフレッシュした新酒をぜひご堪能ください。

〜毎年恒例餅つき大会開催!〜
11月23日(土)、24日(日)の両日開催します。
お子様の参加、写真撮影は大歓迎です。
撮影希望の方は、お気軽にスタッフまでお申しつけください。
1日に6〜7回開催します。

〜協力企業による飲食ブース併設!!〜
協力企業が多数出店し、白扇酒造とのコラボ商品などさまざまな催しを開催します。

【協力出店企業様一覧】
・六花亭
・泉屋物産店
・金蝶園総本家
・小田巻や
・小川牧場
・かしおゴルフ
・平岩いちご農園
・今井米穀
・平岡製菓
・池本屋
・扶桑守口食品
・七福醸造


●酒蔵まつりの開催日時
11月23日(土)と24日(日)
午前10時〜午後3時

●場所
岐阜県加茂郡川辺町中川辺28番地
白扇酒造株式会社 本社・酒蔵

●アクセス
JR高山線の中川辺駅より徒歩4分
美濃加茂IC下車、車で約8分
無料駐車場 200台

車いす・ベビーカーの入場もOKです。

酒蔵まつりin川辺町ページ
 


next